• 印刷する

独企業幹部の4割超「贈収賄が蔓延している」

独企業の幹部のうち4割以上が、国内に贈収賄が蔓延(まんえん)していると考えている――。大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(EY)が5日公表した最新調査で、こうした実態が明らかになった。

調査は欧州・アフリカ・中東の計41カ国に拠点を置く大企業を対象に実施された。ドイツの経済界に贈収賄の慣行があると回答した人の割合は43%と、2015年調査の26%から大きく上昇した。それでもドイツは41カ国中25位で、平均値の51%を下回っている。

ドイツの企業幹部の23%は、自身のキャリアアップや昇給のためなら「非倫理的な方法」も辞さないと答えた。「故意に虚偽の情報を伝える」との回答も約10%に上った。

全体で見ると、自国に贈収賄が蔓延していると回答した割合が最も高いのはウクライナで88%。これにキプロス(82%)、ギリシャとスロバキア(共に81%)が続いた。一方、最も低かったのはデンマークの6%。北欧諸国はノルウェー(10%、40位)やフィンランド(16%、39位)、スウェーデン(18%、37位)など清廉さが目立った。

主要5カ国では、イタリアが71%で13位。スペイン(64%、17位)も比較的上位だったが、フランス(28%、32位)と英国(25%、34位)は低い水準だった。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアギリシャスウェーデンスペインデンマークフィンランドノルウェーキプロススロバキアウクライナアフリカ中東欧州
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ(10/01)

ティッセン、事業再編で800人削減へ(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

ゾネン、バイエルン州工場の生産能力拡大へ(10/01)

BASF、廃タイヤ由来油の増産支援(10/01)

失業率、9月は6.3%に低下(10/01)

ドイツ小売売上高、8月は3.1%増加(10/01)

自動車部品ブローゼなど、カルテルで罰金(10/01)

排ガス不正、アウディ前CEOの公判開始(10/01)

バイエル、塩害受けるベトナム農家を支援(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン