• 印刷する

独ザールラント州議会選、与党CDUが勝利

ドイツ南西部ザールラント州で26日、州議会選挙の投開票が行われ、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)が得票率40.7%で勝利した。同議会選は9月の総選挙に向けた前哨戦とみられ、連立相手の社会民主党(SPD)が勝つ可能性も浮上していたが、メルケル首相にとっては朗報といえそうだ。

CDUは、2012年の前回選挙から得票率を5.5ポイント伸ばした。SPDは29.6%と、前回から1ポイント減少。左翼党は12.9%を確保したが、緑の党は4%と議席獲得に必要な5%を下回り、これら3党による「赤赤緑」連合の結成には至らなかった。一方、反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」は6.2%と躍進。今回初めて議席を得ている。

ザールラント州の有権者は約80万人で、今回の投票率は71%と前回の61.6%を大きく上回った。ドイツでは5月にも、北部シュレスウィヒ・ホルシュタイン州と西部ノルトライン・ウェストファーレン州で議会選を控えている。

■SPDの支持率、再び上昇

SPDの支持率が33%に上昇し、与党CDU・姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)と再び並んだ。独日曜紙ビルト・アム・ゾンタークが市場調査機関TNSエムニド(Emnid)に委託した調査で、こうした結果が出た。

調査は3月16~22日に、2,450人を対象に実施。SPDの支持率は1週間前の前回調査から1ポイント上昇した一方、CDU・CSUは横ばいだった。SPDの支持率はシュルツ党首の就任後、上昇傾向にある。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

ICE車販売禁止は実現困難 EUの35年目標=欧州会計監査院(04/24)

日本ガイシ、独水素事業でNAS電池受注(04/24)

米自動車座席アディエント、独で工場閉鎖へ(04/24)

独最大野党、露産農産物の完全禁輸を提案(04/24)

ソフトSAP、第1四半期は7%減益(04/24)

マレーシア、シーメンス傘下と人材育成(04/24)

右派議員の秘書、中国スパイ容疑で拘束=独(04/24)

ハノーバー・メッセが開幕 独首相「AIで成長加速する」(04/23)

カナリア諸島、オーバーツーリズムに抗議(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン