• 印刷する

ローマ条約調印から60年=EU、記念宣言を採択

欧州連合(EU)の出発点となるローマ条約の調印から60年を迎えた25日、英国を除く加盟27カ国はローマで記念サミットを開き、EUの将来像を描く「ローマ宣言」を採択した。

宣言では、欧州が2つの世界大戦を経て歩んできた道のりを振り返り、平和、自由、民主主義、人権、法の支配といった共通の価値観に基づき独自の連合を築いた実績を評価。過去の対立を乗り越え、数億人の共存を実現したことを祝った。

一方で、地域紛争、テロ、移民、保護主義、社会的・経済的格差といった深刻な問題が域内外に存在することも指摘。こうした課題に団結して立ち向かうことを誓っている。また向こう10年間の目標として、安全や豊かさを追求するとともに、国際社会における責任や競争力を持つ強固な欧州を目指す方針を確認した。

ただ、今後の欧州統合の進め方については、各国の準備の度合いに応じ統合速度に地域差を設けるという独仏などの提案にポーランドが強く反対。原案に盛り込まれた抜本的改革は、内容が薄められる格好となった。

ローマ条約調印60周年に集った欧州27ヵ国の首脳(欧州委員会提供)

ローマ条約調印60周年に集った欧州27ヵ国の首脳(欧州委員会提供)


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線の運航を拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン