独西部の鉄道駅で券売機が爆発=男1人が死亡

ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州ドルトムントにあるドルトムント・シャルンホルスト(Dortmund—Sharnhorst)駅のプラットホームで21日未明、券売機が爆発し、31歳の男が即死した。ザ・ローカルなどが伝えた。

それによると、男は券売機を起爆し現金を盗もうとしていたとみられる。警察は当初、この男と事件前に飲酒した後、再び駅で遭遇したという26歳の男性を拘束したが、事件との関連性はないとして後に釈放。2人は窃盗犯として当局に知られていた。

ドイツではこうした自動販売機を故意に爆発させる事件がたびたび起きている。2015年12月には同州ミュンスターでコンドームの販売機が爆発。爆弾を仕掛けた29歳の男は自動車の中に逃げ込んだが、ドアを閉め切る前に破損した販売機の破片が頭部に突き刺さって死亡した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 製造一般運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン