欧州議会、北極圏の石油探査の全面禁止案を否決

欧州議会は16日、北極圏での石油・ガスの掘削・探査を全面禁止とする動議を414対180で否決した。ただし、北極圏の海氷地域での石油・ガス探査の禁止案は支持した。これらの動議はいずれも法的拘束力はない。

北極圏は、世界全体の未開発の石油・ガス埋蔵量の22%を占めるとされ、ロシアやノルウェー、デンマークなどが開発を目指している。しかし北極圏の温暖化は地球全体平均の約2倍で進行しており、海氷は1981年から急速に縮小。現在では夏季の海氷は35年に比べて40%減っている。

欧州議会の動議は、欧州委員会と欧州連合(EU)加盟国に対し、北極圏での石油・ガス探査の将来的な全面禁止に向け、国際的に働き掛けることを求めるもの。また気候変動の悪影響から北極圏の先住民を守るため、北極圏各国の協力を強化するよう訴えていた。

しかしノルウェー議会の代表は欧州議会に書簡を送り、「気候変動の問題は北極圏だけで解決できるものではない」として探査の継続を支持するよう呼び掛けていた。ただし、ノルウェーも海氷での掘削は既に禁止している。[環境ニュース] 


関連国・地域: EUデンマークノルウェーロシア
関連業種: 天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

【今週の主な予定】7月23~27日(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

オランダとトルコ、国交正常化で合意(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン