• 印刷する

欧州議会、北極圏の石油探査の全面禁止案を否決

欧州議会は16日、北極圏での石油・ガスの掘削・探査を全面禁止とする動議を414対180で否決した。ただし、北極圏の海氷地域での石油・ガス探査の禁止案は支持した。これらの動議はいずれも法的拘束力はない。

北極圏は、世界全体の未開発の石油・ガス埋蔵量の22%を占めるとされ、ロシアやノルウェー、デンマークなどが開発を目指している。しかし北極圏の温暖化は地球全体平均の約2倍で進行しており、海氷は1981年から急速に縮小。現在では夏季の海氷は35年に比べて40%減っている。

欧州議会の動議は、欧州委員会と欧州連合(EU)加盟国に対し、北極圏での石油・ガス探査の将来的な全面禁止に向け、国際的に働き掛けることを求めるもの。また気候変動の悪影響から北極圏の先住民を守るため、北極圏各国の協力を強化するよう訴えていた。

しかしノルウェー議会の代表は欧州議会に書簡を送り、「気候変動の問題は北極圏だけで解決できるものではない」として探査の継続を支持するよう呼び掛けていた。ただし、ノルウェーも海氷での掘削は既に禁止している。[環境ニュース] 


関連国・地域: EUデンマークノルウェーロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

航空・海運の燃料転換、コロナ危機で焦点に <連載コラム・エネルギーTODAY>第42回(05/29)

ルフトハンザ監査役会、救済策の承認見送り(05/29)

ユーロ圏景況感、5月は改善(05/29)

日本車の対欧輸出、4月は軒並み不振(05/29)

CKハチソン、O2買収阻止で欧州委に勝訴(05/29)

世界のエネルギー投資、4千億ドル減少へ(05/29)

コソボ、EU主導のセルビアとの対話を拒否(05/28)

ゲスタンプ、欧州投資銀が2億ユーロ融資(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン