• 印刷する

代替ミルクが英インフレ指標に追加

英政府統計局(ONS)は14日、「インフレバスケット」と呼ばれる消費者物価指数(CPI)などのインフレ指標を構成する対象品目・サービスの変更内容を発表した。新たに豆乳やアーモンドミルクといった「代替ミルク」などが加えられている。

約700品目が含まれるインフレバスケットは、消費動向を反映させるため年に1度見直される。今回は14品目を追加し、9品目を削除。ベジタリアンや健康食品市場の拡大を背景に「代替ミルク」が加えられたほか、13年ぶりに復帰した「ジン」や「自転車用ヘルメット」の追加が注目を集めた。

また既に指標に含まれるビスケットに追加する形で、片側にチョコレートをコーティングしたビスケットを採用。北アイルランドを含む全国のカウンシルタックス(住民税)も加わった。

一方、2020年までに欧州連合(EU)で販売が禁止されるメンソールたばこや、スマートフォンの普及で影を潜めたフィーチャーフォン(従来型携帯電話機)などは削除された。

インフレバスケットの歴史的変遷は世相を映し出す。昨年はカプセル式のコーヒーメーカーで使われるコーヒーカプセルが加えられた一方、ナイトクラブの入場料が削除されている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料その他製造建設・不動産IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

接触追跡アプリ、イングランドで利用可能に(09/24)

スコットランド、世帯間の交流制限を厳格化(09/24)

米ローンスター、アズダ買収合戦から撤退(09/24)

HSBC、香港で中堅幹部含む40人解雇か(09/24)

EU、英国内市場法案巡り提訴を再度示唆(09/24)

ティックトック、域内への情報移転を否定(09/24)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン