• 印刷する

トゥスクEU大統領が再任=ポーランド反対も

欧州連合(EU)は9日、ブリュッセルで首脳会議(サミット)を開き、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長(EU大統領)を再任した。任期は6月から2年半。同氏の続投をめぐっては出身国のポーランドが強硬に反対していたが、他の加盟国が全て賛成に回ったとみられる。BBC電子版が伝えた。

トゥスク氏は2014年12月にEU大統領に就任。現在の任期は5月末で満了するが、かねて続投に意欲を示していた。今後も英国のEU離脱交渉で主要な役割を担うことになる。

同氏は再任決定後、「EUをより良くするよう全力を尽くす」とツイートした。

ポーランドでは2015年以降、トゥスク氏の出身政党である市民プラットフォーム(PO)と対立するEU懐疑派の法と正義(PiS)が政権を握っている。シドゥウォ首相はサミット前日に加盟各国に書簡を送り、再任反対を訴えていた。


関連国・地域: 英国EUベルギーポーランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】7月13~17日(07/13)

「ベジバーガー」の呼称禁じる仏新法に異議(07/13)

ユーログループ新議長にアイルランド財務相(07/13)

ユーロスター、オランダと英国間の時間短縮(07/13)

塩野義、欧州バイオ製薬企業とファンド設立(07/13)

ベトナム、EUとのFTAで競争力向上へ(07/13)

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン