トゥスクEU大統領が再任=ポーランド反対も

欧州連合(EU)は9日、ブリュッセルで首脳会議(サミット)を開き、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長(EU大統領)を再任した。任期は6月から2年半。同氏の続投をめぐっては出身国のポーランドが強硬に反対していたが、他の加盟国が全て賛成に回ったとみられる。BBC電子版が伝えた。

トゥスク氏は2014年12月にEU大統領に就任。現在の任期は5月末で満了するが、かねて続投に意欲を示していた。今後も英国のEU離脱交渉で主要な役割を担うことになる。

同氏は再任決定後、「EUをより良くするよう全力を尽くす」とツイートした。

ポーランドでは2015年以降、トゥスク氏の出身政党である市民プラットフォーム(PO)と対立するEU懐疑派の法と正義(PiS)が政権を握っている。シドゥウォ首相はサミット前日に加盟各国に書簡を送り、再任反対を訴えていた。


関連国・地域: 英国EUベルギーポーランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

五つ星と同盟、政策綱領を公表=党員投票へ(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

【今週の主な予定】5月21~25日(05/21)

伊インフレ率、4月は改定値も0.5%(05/21)

トラックのCO2排出量削減 EU、包括法案で基準を初導入(05/21)

メディアビジョン、衛星タイコムと業務提携(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン