• 印刷する

トゥスクEU大統領が再任=ポーランド反対も

欧州連合(EU)は9日、ブリュッセルで首脳会議(サミット)を開き、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長(EU大統領)を再任した。任期は6月から2年半。同氏の続投をめぐっては出身国のポーランドが強硬に反対していたが、他の加盟国が全て賛成に回ったとみられる。BBC電子版が伝えた。

トゥスク氏は2014年12月にEU大統領に就任。現在の任期は5月末で満了するが、かねて続投に意欲を示していた。今後も英国のEU離脱交渉で主要な役割を担うことになる。

同氏は再任決定後、「EUをより良くするよう全力を尽くす」とツイートした。

ポーランドでは2015年以降、トゥスク氏の出身政党である市民プラットフォーム(PO)と対立するEU懐疑派の法と正義(PiS)が政権を握っている。シドゥウォ首相はサミット前日に加盟各国に書簡を送り、再任反対を訴えていた。


関連国・地域: 英国EUベルギーポーランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

【EU規制ウオッチング】第147回:11月16~30日(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

ロトス、初の水素燃料スタンド開設へ(12/12)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン