• 印刷する

トゥスクEU大統領が再任=ポーランド反対も

欧州連合(EU)は9日、ブリュッセルで首脳会議(サミット)を開き、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長(EU大統領)を再任した。任期は6月から2年半。同氏の続投をめぐっては出身国のポーランドが強硬に反対していたが、他の加盟国が全て賛成に回ったとみられる。BBC電子版が伝えた。

トゥスク氏は2014年12月にEU大統領に就任。現在の任期は5月末で満了するが、かねて続投に意欲を示していた。今後も英国のEU離脱交渉で主要な役割を担うことになる。

同氏は再任決定後、「EUをより良くするよう全力を尽くす」とツイートした。

ポーランドでは2015年以降、トゥスク氏の出身政党である市民プラットフォーム(PO)と対立するEU懐疑派の法と正義(PiS)が政権を握っている。シドゥウォ首相はサミット前日に加盟各国に書簡を送り、再任反対を訴えていた。


関連国・地域: 英国EUベルギーポーランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

米、輸入車を「脅威」認定か メルケル首相は強く反発(02/19)

労働党、議員7人が離党 党首のブレグジット方針など批判(02/19)

SB、UAE社の欧州投資ファンドに出資へ(02/19)

レンゴー、トルコ北西部に新会社設立(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

独経済、上半期は低迷が続く=連銀月報(02/19)

ポーランド首相、イスラエル訪問を取りやめ(02/19)

独当局、ワイヤーカード株の空売り禁止(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

第2党SPD、支持率が19%に上昇(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン