• 印刷する

ドイツの男女賃金格差、最も大きい職業は医師

ドイツで男女の賃金格差が最も大きい職業は医師――。こうした傾向が、人材派遣会社ステップストーンが実施した最新の調査で明らかになった。

調査は2016年第3四半期(7~9月)に、国内で幹部・管理職に就く5万人を対象に実施した。それによると、全10業種で男性の給与が女性より高かった。中でも、男性の医師の平均年収が9万5,167ユーロだったのに対し、女性の医師は6万4,490ユーロにとどまり、格差は約32%に及ぶことが分かった。金融業界でも男性の平均年収7万766ユーロに対し、女性は5万1,155ユーロと28%近く低くなっている。一方、男女差が最も小さかったのはIT(情報技術)分野で、男性が6万3,398ユーロ、女性が5万6,329ユーロと格差は11%だった。

なお、政府は昨年3月、ドイツでは女性の平均給与が男性を21.6%下回っており、男女の賃金格差はエストニア(28.3%)とオーストリア(22.9%)に次いで欧州で3番目に大きいことを明らかにした。賃金格差は、英国(18.3%)や、フランス(15.3%)、スペイン(18.8%)、イタリア(6.5%)など欧州連合(EU)の主要加盟国を軒並み上回っている。また業種やパートタイム雇用、資格の有無、職歴といった賃金の差の原因となる要素を加味した上でも、男女の平均賃金には7%の開きがあるとされる。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスペインエストニア
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

SPD、閣僚候補8人を公表 初の女性内相など半数女性(12/07)

独FDP、3党連立参加を正式決定=党大会(12/07)

ダイムラー、メルセデスの5カ年計画を承認(12/07)

ダイムラーとボッシュ、運転支援導入で提携(12/07)

欧州各地でコロナ規制反対デモ=警察と衝突(12/07)

デリバリー・ヒーロー、サウジ社買収で暗雲(12/07)

シェフラー、ルッケンバルデ工場を閉鎖へ(12/07)

製造業受注、10月は6.9%減少(12/07)

ショルツ新連立政権、8日に発足へ(12/06)

メルケル首相、退任式典で16年間振り返る(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン