• 印刷する

CEO報酬、ドイツ首位はSAP

ドイツの最高経営責任者(CEO)で最も高給取りなのは、企業向けソフト大手SAPのビル・マクダーモット氏――。昨年の報酬は1,560万ユーロと、2位に180万ユーロの差を付けた。SAPの年次決算とコンサルティング会社hkp///グループによる最新調査を元に、ロイター通信が2月28日報じた。

それによると、マクダーモット氏の報酬は長期インセンティブの一環としての株式支給や2015年の業績連動給などにより800万ユーロ押し上げられた。一方、2015年に1位だった独自動車大手ダイムラーのディーター・ツェッチェ氏は、1,380万ユーロと2位に後退。ちなみにSAPと競合する米オラクルのラリー・エリソンCEOは昨年度、4,150万ドルを稼いでいる。

ドイツ株価指数(DAX)を構成する主要30社のCEOの平均年俸は、2015年のデータで586万ユーロだった。なおこれら企業の多くはまだCEO報酬を公表しておらず、順位が変動する可能性もある。[労務]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車金融IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

デンマーク、初のCO2貯蔵免許を交付へ(02/07)

独新車登録、1月は2.6%減少(02/07)

リンデ、OCI米工場にクリーン水素供給へ(02/07)

VWのロシア工場、地場投資会社が取得検討(02/07)

独の風力発電、国土の2%に=ショルツ首相(02/07)

高級車BMW、メキシコに8億ユーロ投資(02/07)

製造業受注、12月は3.2%増加(02/07)

自動車部品ボッシュ、通期は15.6%増益(02/06)

ヒートポンプ販売台数、2022年は53%増加(02/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン