• 印刷する

仏のワイン・蒸留酒輸出額、2年連続で記録更新

フランスのワイン・蒸留酒の輸出額は2016年に118億5,000万ユーロとなり、前年比1.2%増加した。コニャックが好調だったほか、ユーロ安が追い風となり、2年連続で過去最高を記録している。仏ワイン・蒸留酒輸出連盟(FEVS)の最新統計を元に、仏経済誌レゼコーなどが10日伝えた。

輸出額の内訳をみると、主力のワインは78億7,000万ユーロと0.8%減少した。一方、蒸留酒は5.2%増の39億4,000万ユーロ。中でも、コニャックは6.5%増えて過去最高を記録した。

国別では、米国がワイン・蒸留酒を合わせて28億ユーロと最も多く、輸出額全体の4分の1超を占めた。また、中国も前年比12.7%増と力強く回復している。ワインの主要輸出先の1つである英国は、欧州連合(EU)離脱決定による通貨ポンドの下落を受け落ち込んだ。

輸出量は全体で前年並みにとどまった。うち、ワインは1.8%減少。一方、蒸留酒は5.1%増加した。中でもコニャックは5.5%増え、こちらも過去最高水準に達した。

FEVSのクリストフ・ナバル会長は、「フランス産ワインは供給不足で価格が高く、競合国と比べ不利」と指摘。ブドウの作付面積を拡大し、ワインの生産量を増やすことが必要としている。また「競合のチリやオーストラリアが中国と自由貿易協定(FTA)を結ぶ一方、フランス産ワインには14%の関税がかかっている」と述べ、新規市場の開放を促す必要性も訴えた。


関連国・地域: 英国フランスEUアジア米国中南米
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、3都市で「黄色いベスト」運動規制(03/20)

HCSF、金融機関に自己資本強化を要請(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

ヤマハ発動機、販売金融子会社が仏で開業(03/20)

自動車部品ヴァレオ、印に新R&D施設(03/20)

ユーロフィン、台湾でM&A推進へ(03/20)

ユーロスター遅延、パリ北駅で最大5時間(03/20)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン