外国人観光客の宿泊日数、フランスで2.9%増加

相次ぐテロの影響で、ここ2年ほど訪問客の足が遠のいていたフランスで、観光業が勢いを取り戻しつつある。仏国立統計経済研究所(INSEE)が7日公表した2016年第4四半期(10~12月)のデータによると、観光宿泊施設の延べ宿泊日数は前年同期比3.9%増加。うち外国人観光客は2.9%増えている。INSEEは、パリ同時多発テロで打撃を受けた1年前の反動が大きいと分析している。

宿泊日数は、国内客に限ると大きく4.3%伸びている。

宿泊施設の種類別に見ると、ホテルは1年前から4.9%増加。うち外国人観光客は3%、国内客は5.7%それぞれ増えた。ホテルのグレード別では4~5つ星ホテルが9.9%増と最も伸び、中でも国内客(14.4%増)の利用が目立った。地域別では、パリのホテルが4.5%伸びている。

一方、貸別荘その他の短期宿泊施設は全体で0.7%のプラス。外国人に限ると2%増えたが、国内客は0.4%増にとどまった。

全体の平均宿泊日数は、ホテルが1.7日、短期宿泊施設が3.5日で、共に1年前から変化がない。

ザ・ローカルによると、2015年の外国人観光客数は約8,500万人。昨年のデータはまだ公表されていない。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

エミレーツ航空、フランス便を8月から増便(07/20)

エアバス、印新興企業3社と事業提携(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン