• 印刷する

ルーヴル美術館で刃物男、兵士発砲=テロか

パリのルーヴル美術館近くで3日午前9時50分ごろ(現地時間)、刃物を所持した男が警備に当たっていた兵士に襲いかかり、発砲を受け重症を負った。事件発生後、同美術館は一時閉鎖された。カズヌーブ首相は、当局はテロ行為として捜査を進めていると述べている。AFP通信などが報じた。

現場は、ルーヴル美術館と地下でつながるショッピング・アーケード「カルーゼル・デュ・ルーヴル」の入口付近。男は「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとされる。兵士らは武力行使を回避しようとしたが、もめ合う中で1人が頭部に軽症を負ったため、5発を男の足や腹部に発砲した。パリ検察当局によると、病院に搬送された容疑者はエジプト国籍の29歳で、1月26日にアラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国から観光ビザでフランス入りした。所持していた2つのかばんから爆発物などは見つからなかったという。

フランスは過去2年に度重なるテロに見舞われ、2015年11月以降は非常事態宣言下にある。パリには数千人の兵士が配置され、ルーブル美術館内外でも自動小銃を携帯した兵士の姿が見られる。こうした中、4~5月には大統領選、6月には国民議会(下院)選挙を控えており、安全保障は重要な争点の1つとなっていた。

一連のテロで観光客の足は遠のき、かつて世界最多の来館者数を誇ったルーヴル美術館も、ここ2年は200万人ほど減少。昨年の来館者数は約730万人と、前年比で15%落ち込んだ。


関連国・地域: フランス
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パリ市、中心部の車両乗り入れ規制を協議(05/17)

ダノン、中国・蒙牛株9.8%を売却へ(05/17)

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン