• 印刷する

ガブリエル独副首相、首相目指さず=ツァイト

独連立政権の一翼を担う社会民主党(SPD)の党首であるガブリエル副首相兼経済・エネルギー相は、9月の連邦議会選挙に首相候補として出馬するつもりはないもようだ。SPD党首の座を退き、経済・エネルギー相から外相に転任する意向という。週刊紙ツァイト電子版が24日伝えた。

SPDは同氏に代わり、先に辞任してドイツ政界への復帰を目指すシュルツ前欧州議会議長を首相候補として擁立する見通し。SPDのシュタインマイヤー外相は、次期大統領選に備え3月に辞任する予定で、ガブリエル氏はその後任となることを希望している。新たな経済・エネルギー相には、SPD出身で同省の政務次官を務めるブリギッテ・ツィプリース氏が就任するとみられている。

ガブリエル氏は先に週刊誌シュテルンのインタビューで、「私が首相候補に立てば失敗し、SPDもその道連れとなる」とコメント。「シュルツ氏の方が明らかに勝算がある」と話していた。各種世論調査では、ガブリエル氏の支持率はメルケル首相を大きく下回っている。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン