• 印刷する

欧州各国の極右勢力がドイツで集会

ドイツ西部のコブレンツ(Koblenz)に21日、欧州連合(EU)への懐疑や反難民を訴える欧州各国の極右勢力が集結した。極右政党の支持者ら800人近くが集まる一方で、こうした右傾化の動きに抗議するデモ行進が行われ、警察発表によるとおよそ5,000人がこれに参加した。AFP通信などが伝えた。

今回の集会はフランスの極右政党・国民戦線のルペン党首が2015年、欧州議会内部に創設した政治会派「民族と自由の欧州(ENF)」が企画した。ENFには現在、9カ国から40人の議員が名を連ねている。集会には、4月に開始される仏大統領選に出馬するルペン党首のほか、9月に議会選挙が予定されているドイツからは「ドイツのための選択肢(AfD)」のペトリ党首が、オランダからは、極右政党・自由党のウィルダース党首がそれぞれ参加した。

ルペン党首は「2016年はアングロサクソン社会が目を覚ました年だった。2017年は欧州大陸の人々が目を覚ます年だ」と演説。ユーロの廃止や移民政策の見直しについては「実際に起こるか否かはもはや問題ではない。いつ起こるのかが問題だ」と話した。また、ウィルダース党首は前日のトランプ氏の米大統領就任に言及し「昨日、新しい米国が誕生した。今日はコブレンツ、明日は欧州の番だ」と聴衆を鼓舞した。

なお、会場近くで行われた抗議デモ集会では、ドイツの社会民主党の閣僚や緑の党の党首などが演説。参加者は「EUの歌」とされているベートーベンの「歓喜の歌」を歌い、欧州の団結を訴えた。会場周辺には、右派グループと左派グループの衝突などを避けるため、警察員1,000人超が動員された。


関連国・地域: ドイツフランスオランダ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ツェッチェCEOが退任 ダイムラー、変革は後任の手に(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

トランスファーワイズ、時価総額35億ドルに(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

JFE、独で大型ガスだきボイラーを受注(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン