• 印刷する

欧州各国の極右勢力がドイツで集会

ドイツ西部のコブレンツ(Koblenz)に21日、欧州連合(EU)への懐疑や反難民を訴える欧州各国の極右勢力が集結した。極右政党の支持者ら800人近くが集まる一方で、こうした右傾化の動きに抗議するデモ行進が行われ、警察発表によるとおよそ5,000人がこれに参加した。AFP通信などが伝えた。

今回の集会はフランスの極右政党・国民戦線のルペン党首が2015年、欧州議会内部に創設した政治会派「民族と自由の欧州(ENF)」が企画した。ENFには現在、9カ国から40人の議員が名を連ねている。集会には、4月に開始される仏大統領選に出馬するルペン党首のほか、9月に議会選挙が予定されているドイツからは「ドイツのための選択肢(AfD)」のペトリ党首が、オランダからは、極右政党・自由党のウィルダース党首がそれぞれ参加した。

ルペン党首は「2016年はアングロサクソン社会が目を覚ました年だった。2017年は欧州大陸の人々が目を覚ます年だ」と演説。ユーロの廃止や移民政策の見直しについては「実際に起こるか否かはもはや問題ではない。いつ起こるのかが問題だ」と話した。また、ウィルダース党首は前日のトランプ氏の米大統領就任に言及し「昨日、新しい米国が誕生した。今日はコブレンツ、明日は欧州の番だ」と聴衆を鼓舞した。

なお、会場近くで行われた抗議デモ集会では、ドイツの社会民主党の閣僚や緑の党の党首などが演説。参加者は「EUの歌」とされているベートーベンの「歓喜の歌」を歌い、欧州の団結を訴えた。会場周辺には、右派グループと左派グループの衝突などを避けるため、警察員1,000人超が動員された。


関連国・地域: ドイツフランスオランダ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率見通しを引き下げ 供給網混乱も影響=独5大研究所(10/15)

VW幹部、EV移行で3万人削減の報道否定(10/15)

独首相、国内企業にアジア事業の脱中国要求(10/15)

シーメンス、UAEの第4次産業革命を支援(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

ベイワ、越に太陽光発電設備の倉庫新設(10/15)

VW、EV移行で3万人失職も=CEO(10/14)

独で大麻合法化議論が再燃=警察は警鐘(10/14)

BASF、飼料業界に携帯型の成分解析技術(10/14)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン