• 印刷する

EU法務官、英国とジブラルタル一体視

欧州司法裁判所のシュプナル法務官は19日、欧州連合(EU)の単一市場に絡むルールの適用をめぐり、英国と英領ジブラルタルを加盟国として一体視する見解を示した。ジブラルタルのオンラインカジノ業界が、2014年に導入された新税がEUが保証するサービスの自由な移動を妨げると訴えていたもので、法務官は直接税を定める英政府の権限を尊重した格好だ。

オンラインカジノへの課税は当初、英国本土で設立された企業だけを対象としていた。しかし英政府は2014年以降、本土の顧客からの収益に対しては、ジブラルタルの業者に課税。業者は地元自治体とは別途、納税することが義務付けられた。ジブラルタル賭博ゲーム協会(GBGA)はこれを不服とし、英高等法院に提訴。同法院が欧州司法裁に判断を付託していた。

法務官の意見に法的効力はないものの、欧州司法裁はこれに沿って判断を下すことが多い。ジブラルタル自治政府は同裁が最終判断を下すまでコメントを控えるとしている。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブーフー、百貨店デベナムズのブランド取得(01/26)

英リバティ、ポーランド工場取得の承認獲得(01/26)

シェル、4月にルーマニアに再進出(01/26)

エイソス、アルカディアのブランド買収協議(01/26)

英、鉄道2路線に7.9億ポンド投資(01/26)

南ア型変異種の感染事例、英国で77件確認(01/26)

英小売業者、EU客の返品を域内に足止め(01/26)

タイ当局、アストラゼネカ製ワクチンを承認(01/26)

ブリティッシュボルト、シーメンスと提携(01/26)

ANA、羽田―ロンドン・パリ路線など減便(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン