独企業の大半、ブレグジットの影響を楽観視

英国の欧州連合(EU)離脱の影響はさほど大きくない――。ケルン経済研究所(IW)が12日公表したリポートによると、大多数のドイツ企業がこうした楽観的見方を示している。

IWは今回、国内2,900社を対象にブレグジットに関する意識調査を実施。それによると、多くの企業が対英輸出に何らかの影響があると回答したものの、実際に深刻な影響が生じると考える企業は全体の1割にとどまった。ドイツ企業の事業や投資、雇用、サプライチェーンに大きな悪影響が及ぶとの見方はわずか2~3%。一方、約4社に1社は、英国からの事業の移管はむしろ好影響をもたらすと回答している。

英政府関係者の間では、ブレグジットの悪影響を懸念するドイツ企業からの政府に対する圧力が、EU離脱交渉を有利に進める材料になるとの期待があった。しかし、実態は異なることが今回の調査で浮き彫りとなった。

なおIWは、ブレグジットによりドイツの今年の国内総生産(GDP)成長率が0.25パーセントポイント押し下げられるとの見方を示している。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計金融・保険運輸・倉庫雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン