• 印刷する

仏で勤務時間外のメール確認義務付けを禁止

フランスで勤務時間外の電子メールチェックを義務付けることを禁じる新たな法律が年初に発効した。従業員が50人を超える企業は夜間や週末などの業務連絡のあり方について労使交渉を行う必要がある。CNNが2日伝えた。

新法施行の背景には、通信環境の発展により時間外の業務連絡が便利になった半面、常に会社からの最新の伝達事項を確認する必要に迫られ、過労や心の病気を患う人が増えていることがある。このため今後は企業の従業員に対し、プライベートな時間に仕事のストレスから解放される権利を保証するとともに、職場外での実質的なサービス残業の発生を防ぐ方向だ。場合により休暇中の従業員に送信されたメールは自動的に削除されることになるという。

多くの労組は新法を歓迎しているが、違反への罰則規定がないことに批判の声も上がっている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー、2025年に石炭火発から脱却へ(03/08)

仏の風力発電量、ガス抜いて3番目に(03/05)

トタル、サウジで太陽エネルギー合弁を設立(03/05)

華晨ルノー金杯、1月の新車販売は32%増(03/05)

ダノン、中国・蒙牛乳業株を売却へ(03/04)

仏、アストラ製ワクチン接種の対象年齢拡大(03/03)

食品ダノン、CEOと会長ポストを分離へ(03/03)

ドイツ、仏北東部からの入国規制強化(03/02)

サルコジ元大統領に実刑判決 司法情報巡る不正献金問題(03/02)

仏新車登録台数、2月は20.9%減少(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン