• 印刷する

仏で勤務時間外のメール確認義務付けを禁止

フランスで勤務時間外の電子メールチェックを義務付けることを禁じる新たな法律が年初に発効した。従業員が50人を超える企業は夜間や週末などの業務連絡のあり方について労使交渉を行う必要がある。CNNが2日伝えた。

新法施行の背景には、通信環境の発展により時間外の業務連絡が便利になった半面、常に会社からの最新の伝達事項を確認する必要に迫られ、過労や心の病気を患う人が増えていることがある。このため今後は企業の従業員に対し、プライベートな時間に仕事のストレスから解放される権利を保証するとともに、職場外での実質的なサービス残業の発生を防ぐ方向だ。場合により休暇中の従業員に送信されたメールは自動的に削除されることになるという。

多くの労組は新法を歓迎しているが、違反への罰則規定がないことに批判の声も上がっている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

失業率、第2四半期は過去10年半で最低(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン