• 印刷する

欧州議会の最大会派EPP、次期議長候補を指名

欧州議会の最大会派である中道右派の欧州人民党(EPP)は13日、来年1月に辞任予定のシュルツ議長の後任候補として、アントニオ・タジャーニ副議長(63)を指名したと発表した。

タジャーニ氏はイタリアの中道右派のフォルツァ・イタリアに属し、1994年から欧州議会議員を務める。2008年から2014年までバローゾ前欧州委員長の下で、副委員長として運輸担当と産業・企業担当をそれぞれ務めた。

EPPでは同氏を含む4人が次期議長候補に名乗りを上げていた。EPPのウェーバー党首は、「タジャーニ氏は経験が豊富で、欧州議会の内部と外部をつなぐ役割を果たせる」と評している。

同党は欧州議会(定数751)の中で最多の215議席を占めるため、これが推すタジャーニ氏は来年1月17日の議長選の有力候補となる。ただ、同氏が議長になれば、ユンケル欧州委員長、トゥスク欧州連合(EU)大統領と並んでEUの主要機関の要職を全てEPPが占めることになるため、第2会派の社会民主進歩同盟(E&P)は難色を示している。E&Pは、次期議長候補として独自にジャンニ・ピッテラ党首を選んでいる。


関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 運輸小売り・卸売り政治

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】原発稼働延長と将来に向けた再エネへの投資(12/02)

ユーロスターの英警備員、12月に4日間スト(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

EU大統領、習主席と会談 ウクライナ侵攻やコロナ対応協議(12/02)

欧州委、包装規則案を公表=ごみ削減へ(12/02)

11月は上昇も分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI=確定値(12/02)

欧州委、露凍結資産でウクライナ支援を提案(12/02)

欧州委、ハンガリーへの予算支給停止を継続(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン