• 印刷する

EU離脱なら欧州経済領域も脱退か=新論争勃発

英政府が、ブレグジットをめぐる新たな法的論争に直面している。今回の焦点は、英国が欧州連合(EU)離脱に伴い、製品やサービス、ヒト、資本の自由な移動を認めた欧州経済領域(EEA)も自動的に脱退するのかどうか。シンクタンクのブリティッシュ・インフルエンスは、EEA離脱には議会の承認が必要と主張し、政府を提訴する構えを見せている。BBC電子版が28日伝えた。

EEAには、EU加盟28カ国とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーの3カ国が参加する。これら3カ国はEU予算に一定の資金を拠出し、ヒトの自由な移動を受け入れるのと引き換えに、欧州単一市場との無関税貿易を認められている。

政府は、英国はEU離脱と同時にEEAも自動的に脱退すると主張している。ただ法律家の間には、EEA協定の第127条を発動しない限り、EEAは正式に離脱できないとの意見もある。オックスフォード大学のジョージ・ヤロウ教授は、「EEA協定には、英国がEUを離脱すればEEA加盟が取り消されるとの規定はない」と指摘。「EEA離脱手続きは第127条にしか規定されておらず、これを発動する必要がある」と話す。

裁判でこうした主張が支持されれば、議会がEU離脱後もEEAの加盟を継続する道を選び、英国は欧州単一市場にとどまる可能性がある。[EU規制]


関連国・地域: 英国EUノルウェーアイスランドリヒテンシュタイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

石油シェル、第3四半期は92%減益(10/30)

ロイズ銀、第3四半期は20倍超に増益(10/30)

乗用車生産、9月は5%減少(10/30)

スタンチャート、香港で青年就職支援を始動(10/30)

タイ政府、EUとの貿易協定の再締結案承認(10/30)

ヒースロー空港、欧州首位転落 第3四半期は利用者数8割減(10/29)

一時帰休後の失職率、若者と非白人で高く(10/29)

メルセデス、アストンマーティンに追加出資(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

製薬GSK、第3四半期は13%減益(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン