• 印刷する

旧東独の年金水準を2025年までに旧西独並みに

ドイツ政府は25日、2025年までに、旧東独地域の年金水準を旧西独並みに引き上げると発表した。来年の次期大統領選や総選挙を前に、旧東独地域で躍進中の新興右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」を抑制する狙いがあるとみられる。フィナンシャルタイムズなどが伝えた。

ドイツでは1990年10月の再統一から26年を経てなお、旧東独と旧西独の公的年金受給額の格差が解消されていない。ドイツの公的年金制度は、受給額が就業時の労働所得に連動しているため、東西の経済格差の影響が年金まで及んでいる格好だ。現時点での旧東独地域の平均受給額は、旧西独の94.1%。政府は2018年から段階的にこれを引き上げる計画で、2025年までの格差解消を目指している。

連邦労働省は、年金改革報告書の中で、「東西の年金の調和は、ドイツの再統一の完成や、生涯労働の認識、全市民の平等に向けた重要な一歩」と説明している。同省は旧東独の年金引き上げに伴うコストは2018年に6億ユーロと試算。2025年には39億ユーロに膨らむとみている。

ドイツの公的年金の支給開始年齢は65歳だが、2029年には67歳に引き上げられる予定となっている。一方で、同国では2014年、年金拠出年数が45年以上の人を対象に公的年金の支給開始年齢を63歳に引き下げる措置を導入している。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

海運APモラー・マースク、通期は38%減益(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

2月は過去3カ月で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ダイムラー、検察が排ガス不正で捜査開始(02/22)

カーシェア利用者が17%増加=乗り捨て人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン