バッキンガム宮殿で来年4月から保守作業

バッキンガム宮殿で、来年4月から大規模な保守作業が開始される。総費用は3億6,900万ポンドで、作業期間は10年間の見通し。英財務省が18日に発表した。

主に第2次世界大戦終了直後から使われ続けてきた電気配線、配水管、暖房設備を取り替える。財務省はこれらの改修を2年以内に行わなければ、出火や漏水の危険性があるほか、王室の美術品がダメージを受ける可能性があるとしている。なお作業期間中も、エリザベス女王のロンドンの公邸かつ執務の場として機能するもようだ。

バッキンガム宮殿は英国を象徴する建物で観光客に人気が高く、夏の一般公開時には毎年50万人以上の観光客が見学する。王室庁の事務本部でもあり、今でも実際に使われている世界でも数少ない王宮の1つとなっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

ペルガス、イランと油田開発で合意(05/18)

英豪リオの無人貨物鉄道、所要時間20%短縮(05/18)

ジャガー、インドネで新モデルを公開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン