• 印刷する

ウリュカエフ露経済発展相、収賄容疑で身柄拘束

ロシア連邦捜査委員会は15日、収賄容疑でウリュカエフ経済発展相の身柄を拘束したと明らかにした。国営石油大手ロスネフチによる南西部バシコルトスタン共和国の石油会社バシネフチ(Bashneft)の株式50.08%の取得を認めた見返りに、200万ドルを受け取った疑いがあるという。イタルタス通信が伝えた。

連邦捜査委員会は同経済発展相を近く訴追する。有罪が決まれば8~15年の懲役刑を科せられる。イタルタス通信によれば、ベデフ副大臣が暫定的に代理を務めるもようだ。ウリュカエフ氏は、日本とロシアが進める経済協力交渉を担う重要閣僚の1人で、今後への影響も懸念されている。

ロスネフチは10月に、バシネフチの株式を3,296億9,000万ルーブル(53億ドル)で取得した。ロシア政府が民営化を進めるバシネフチの株式を別の国営企業が買い取ることについては、政府内でも反対意見があった。しかし政府は10月初めにロスネフチによる買収を認めており、今回の収賄事件の背景には政府内の対立があるとみられている。

ロスネフチはイタルタス通信に対して、バシネフチの株式取得は合法的なものであったと強調。連邦捜査委員会のスポークスマンも「ロスネフチによるバシネフチ株の買収は法に基づいて行われた」と述べている。[M&A]


関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア鉱工業生産、10月は3.7%増加(11/19)

ロスアトム、サウジで原発を追加受注も(11/19)

ダイヤのアルロサ、ボツワナ合弁の株式売却(11/19)

韓国・STX、ロシアにLPG貯蔵施設(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

ロシアの大学で空飛ぶタクシーの試作機完成(11/16)

国営原子力カザトムプロムがIPO実施(11/15)

ロシア経済、第3四半期は1.3%拡大(11/15)

ロスアトム、東京にオフィス開設(11/14)

エニ、アブダビ社にエジプトのガス権益売却(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン