• 印刷する

独連立与党、大統領候補に外相を擁立で合意

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と姉妹政党でバイエルン州を地盤とするキリスト教社会同盟(CSU)、社会民主党(SPD)による連立与党は14日、SPDに所属するシュタインマイヤー外相を次期大統領の候補者に指名する方針で合意した。ロイター通信などが伝えた。

来年2月に行われる次期大統領選をめぐっては、与党3党はかねて、統一候補を擁立する取り決めを交わしていた。SPDは先に、シュタインマイヤー氏の擁立を2党に打診したが、CSUから反対の声が上がるなどしたため協議を続けていた。今回の合意で、シュタインマイヤー外相が次期大統領に就く可能性が高まったが、外相の後任候補については「時期尚早」としてコメントを控えている。一部では欧州議会のシュルツ議長が有力候補とみられている。

シュタインマイヤー外相はトルコにおける人権侵害を公然と非難しているほか、英国の欧州連合(EU)離脱に向けた交渉では強気な姿勢で臨んでいる。米大統領選を制したトランプ氏に対しては「革新的な協力関係を望む」とコメント。過去には同氏について「EUだけでなく、世界の問題になる」と評していた。

なお、現職のガウク大統領は今年6月、次期大統領選に出馬しない意向を表明した。


関連国・地域: 英国ドイツEUトルコ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

米、輸入車を「脅威」認定か メルケル首相は強く反発(02/19)

ポーランド首相、イスラエル訪問を取りやめ(02/19)

独経済、上半期は低迷が続く=連銀月報(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

ニコン、露光装置の特許訴訟巡り最終契約(02/19)

独当局、ワイヤーカード株の空売り禁止(02/19)

第2党SPD、支持率が19%に上昇(02/19)

オペル、新型「コルサ」に最新ライト搭載(02/19)

ポルシェ、ブレグジット絡み英で値上げも(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン