• 印刷する

英企業のM&A案件、過去30年で最低に

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票以降、英企業同士のM&A(企業の合併・買収)の取引額が62%落ち込んでいることが、金融情報サービス大手トムソン・ロイターのデータで明らかになった。ブレグジットに絡む先行き不透明感を背景に、過去30年で最低の水準に沈んでいる。

6月23日の投票日以後にまとまった英企業同士のM&Aの総額はわずか10億ドル。外国企業による英企業の買収も69%落ち込むなど、米国や欧州の他の国々におけるM&Aの活況とは対照的な状況となっている。

EU離脱の決定を受けて急激に進んだポンド安は、ソフトバンクによる半導体チップ設計の英ARMホールディングスの買収に象徴されるように、外国企業による英企業買収の活発化につながるとの見方も生んでいた。しかし、むしろ英企業による国外での買収総額が国民投票後、885億ドルと59%増え、2007年以降で最高水準に達している。[M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン