• 印刷する

英企業のM&A案件、過去30年で最低に

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票以降、英企業同士のM&A(企業の合併・買収)の取引額が62%落ち込んでいることが、金融情報サービス大手トムソン・ロイターのデータで明らかになった。ブレグジットに絡む先行き不透明感を背景に、過去30年で最低の水準に沈んでいる。

6月23日の投票日以後にまとまった英企業同士のM&Aの総額はわずか10億ドル。外国企業による英企業の買収も69%落ち込むなど、米国や欧州の他の国々におけるM&Aの活況とは対照的な状況となっている。

EU離脱の決定を受けて急激に進んだポンド安は、ソフトバンクによる半導体チップ設計の英ARMホールディングスの買収に象徴されるように、外国企業による英企業買収の活発化につながるとの見方も生んでいた。しかし、むしろ英企業による国外での買収総額が国民投票後、885億ドルと59%増え、2007年以降で最高水準に達している。[M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英保険アビバ、仏事業売却で複数社と協議か(09/28)

財政収支、8月は赤字が大幅拡大(09/28)

消費者信頼感、9月はやや改善(09/28)

乗用車生産、8月は44.6%減少(09/28)

米ノババックスのワクチン、英で第3相試験(09/28)

濃厚接触者、自主隔離順守は1割=英大学(09/28)

HSBC、中国撤退の可能性も(09/28)

英、新雇用維持制度を発表 来年3月まで継続も政府負担は縮小(09/25)

財務省、秋季予算案の発表を中止(09/25)

英、ワクチン治験参加者にウイルス接種へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン