英企業のM&A案件、過去30年で最低に

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票以降、英企業同士のM&A(企業の合併・買収)の取引額が62%落ち込んでいることが、金融情報サービス大手トムソン・ロイターのデータで明らかになった。ブレグジットに絡む先行き不透明感を背景に、過去30年で最低の水準に沈んでいる。

6月23日の投票日以後にまとまった英企業同士のM&Aの総額はわずか10億ドル。外国企業による英企業の買収も69%落ち込むなど、米国や欧州の他の国々におけるM&Aの活況とは対照的な状況となっている。

EU離脱の決定を受けて急激に進んだポンド安は、ソフトバンクによる半導体チップ設計の英ARMホールディングスの買収に象徴されるように、外国企業による英企業買収の活発化につながるとの見方も生んでいた。しかし、むしろ英企業による国外での買収総額が国民投票後、885億ドルと59%増え、2007年以降で最高水準に達している。[M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン