イタリア中部で強い地震、数十人が重軽傷

イタリア中部で26日夜、強い地震が立て続けに発生し、建物が倒壊するなどして数十人が重軽傷を負った。震源地はマチェラータ県ビッソ(Visso)付近で、マグニチュード(M)5.5とM6.1の揺れを観測。イタリア中部では今年8月、約300人が犠牲になった地震が起きている。ANSA通信などが伝えた。

1回目のM5.5の地震は午後7時10分ごろ(現地時間)に発生。震源はビッソの南西部7キロで、深さは9キロだった。その約2時間後の午後9時18分には、ビッソの北西部2キロを震源とするM6.1の地震があった。震源の深さは10キロだった。

政府によると、4人が重傷を負った。現地では夜通し雨が降っており、被害の全容は明らかになっていない。現地メディアは、壁が崩壊した建物や、避難所で過ごす住民の様子を伝えた。

ウンブリア州ノルチャ近くの町カンポ(Campo)では、8月の地震で弱体化していた15世紀に建設されたサン・サルバトーレ教会が倒壊した。首都ローマでも揺れが観測されたが、停電や歴史的建造物への被害はなかった。

8月24日に発生したM6.2の地震では、特にアマトリーチェ(Amatrice)、アックーモリ(Accumoli)、ペスカーラ・デル・トロント(Pescara del Tronto)で被害が大きかった。イタリア当局は、8月の地震と今回の地震に関連性があると指摘した。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

高級ブランドのリシュモン、通期は1%減益(05/21)

伊レンコ、アルメニアに火力発電所を建設へ(05/21)

五つ星と同盟、政策綱領を公表=党員投票へ(05/21)

伊インフレ率、4月は改定値も0.5%(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

テレコムイタリア、第1四半期は4.9%減益(05/18)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

イタリア製造業受注、3月は0.5%増加(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン