• 印刷する

イタリア中部で強い地震、数十人が重軽傷

イタリア中部で26日夜、強い地震が立て続けに発生し、建物が倒壊するなどして数十人が重軽傷を負った。震源地はマチェラータ県ビッソ(Visso)付近で、マグニチュード(M)5.5とM6.1の揺れを観測。イタリア中部では今年8月、約300人が犠牲になった地震が起きている。ANSA通信などが伝えた。

1回目のM5.5の地震は午後7時10分ごろ(現地時間)に発生。震源はビッソの南西部7キロで、深さは9キロだった。その約2時間後の午後9時18分には、ビッソの北西部2キロを震源とするM6.1の地震があった。震源の深さは10キロだった。

政府によると、4人が重傷を負った。現地では夜通し雨が降っており、被害の全容は明らかになっていない。現地メディアは、壁が崩壊した建物や、避難所で過ごす住民の様子を伝えた。

ウンブリア州ノルチャ近くの町カンポ(Campo)では、8月の地震で弱体化していた15世紀に建設されたサン・サルバトーレ教会が倒壊した。首都ローマでも揺れが観測されたが、停電や歴史的建造物への被害はなかった。

8月24日に発生したM6.2の地震では、特にアマトリーチェ(Amatrice)、アックーモリ(Accumoli)、ペスカーラ・デル・トロント(Pescara del Tronto)で被害が大きかった。イタリア当局は、8月の地震と今回の地震に関連性があると指摘した。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、200億ユーロの経済刺激策を準備か(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

ベネチア、洪水対策の防波堤を初導入(07/14)

イタリア鉱工業生産、5月は42.1%増加(07/13)

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン