• 印刷する

英保守党の支持率、47%に大幅上昇

メイ首相率いる与党・保守党の支持率が47%と、9月時点から大きく7ポイント上昇している。調査機関イプソスMORIが19日公表した最新調査で、このような傾向が明らかになった。

イプソスMORIは10月14~17日にかけて、18歳以上の1,016人を対象に調査を実施。最大野党・労働党の支持率は29%と5ポイント後退した。この結果、保守党の支持率は18ポイント上回っており、2010年の総選挙以降で最高に達した。政権与党としては、故サッチャー元首相が総選挙で圧勝して間もない1987年10月以降で最も高い。なお自由民主党の支持率は7%と1ポイント上昇。英国独立党(UKIP)は6%と3ポイント後退した。

また、向こう1年間に景気が悪化すると考える国民は53%と、9月の37%から大きく増加。通貨ポンドが大幅に下落していることについては、英国経済にとって「好ましくない」との回答が55%に上り、「好ましい」としたのは14%にとどまった。英国の欧州連合(EU)離脱決定で、生活水準が悪化すると予想する人は49%。国民投票実施直後の7月の36%から大幅に増え、全体の半分近くに達している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン