• 印刷する

ドイツで難民1.7万人超が当局提訴=大半が勝訴

ドイツでは今年に入り、1万7,000人以上の難民が申請却下を不服として、連邦移民・難民庁(BAMF)を提訴している——。こうした事実が、南ドイツ新聞の報道で明らかになった。

ドイツ連邦議会(下院)は2月、難民の受け入れを制限する法案を可決した。申請処理を迅速化すると同時に、申請を却下された流入者については早期の国外退去を促す内容。難民申請は却下されたものの出身国で生命の危険があるとみなされた場合は、「補完的保護」の対象者としてドイツにとどまることが可能だが、向こう2年間は家族の呼び寄せが禁止された。

BAMFを提訴しているのは、難民申請が却下され、この「補完的保護」が適用されている移民。提訴した人数は1~8月に1万7,000人超に達しており、うち1万5,000人がシリア出身者だった。これまでの判決では、90%以上が勝訴しているという。

ドイツでは2014年秋から2016年3月半ばまで、シリア出身者に対しては一括で難民認定を行っていた。ただ、3月半ば以降は個別申請に切り替えており、申請者の約6割が「補完的保護」に分類されているという。なお、2014年秋以前を見ると、シリア出身者の約3分の2が難民認定されていた。

なお、今年1~9月のドイツへの難民流入数は21万3,000人だった。通年では最大30万人を見込んでいるが、昨年の約89万人からは大幅に減少する見通し。この背景には、欧州連合(EU)とトルコが3月に合意した送還計画や、バルカン諸国の厳格な入国管理がある。


関連国・地域: ドイツ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トラトン、自動運転トゥーシンプルと提携(09/24)

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

デンカ、ベルギーでノロワクチンの治験開始(09/24)

伊金融ウニクレディト、独の一部事業売却か(09/24)

独消費者信頼感、10月はほぼ横ばい(09/24)

食肉処理場2社、不法就労で家宅捜索(09/24)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ドイツ銀、国内の支店網2割を閉鎖へ(09/23)

ルフトハンザ、航空機をさらに150機削減へ(09/23)

TUI、3億ユーロのコスト削減策に着手(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン