• 印刷する

ジョンソン英外相、EU残留訴えるコラムが流出

欧州連合(EU)離脱派の急先鋒だったジョンソン英外相が、離脱支持を表明する2日前に、残留を呼び掛けるコラムを執筆していた事実が明るみに出た。未発表の原稿は16日、サンデー・タイムズに掲載された。

同コラムでジョンソン氏は「離脱派には、答えなくてはならない大きな問題がある」とした上で、ブレグジットにより引き起こされる経済的な打撃や、英国分裂の可能性、ロシアや中東を不当に勢いづかせるリスクを訴えた。また、EU加盟に伴う経済的なコストは、欧州単一市場へのアクセスから得られる利益と比べると軽微だとし「なぜ我々はかたくなに背を向けようとしているのか」と訴えた。また「英国のことを、英国以外のEUのことを、そして未来について考えよう」と、ブレグジットによる未来の世代への影響を熟考するよう呼び掛けている。

ジョンソン氏は今回の流出を受け、「当時は他の多くの人々と同様、残留と離脱の間で揺れていた」とし、考えを整理するために記事を執筆したと説明。ただ、執筆後には離脱が正しい選択であることを確信したと主張している。

これに対し、EU残留派だった自由民主党のクレッグ前副首相・前党首は「ジョンソン氏やその他の離脱派主導者は国民投票前のキャンペーンで、ブレグジットの経済的な打撃について、国民に対して嘘をついていた」と非難している。


関連国・地域: 英国EUロシア中東
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

失業率、11月は5%=過去4年超で最悪(01/27)

マスターカード、英EU間の手数料引き上げ(01/27)

リバティ、ティッセン鉄鋼事業取得で再提案(01/27)

英国民医療制度、ワクチン詐欺に注意喚起(01/27)

感染者数、英は縮小もスペインは週末最多に(01/27)

欧州委、ワクチン輸出の事前報告義務付けへ(01/27)

米、欧州諸国からの入国制限継続=南ア追加(01/27)

英リバティ、ポーランド工場取得の承認獲得(01/26)

ブーフー、百貨店デベナムズのブランド取得(01/26)

シェル、4月にルーマニアに再進出(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン