ロシア政府への信頼度、過去5年で最低

ロシアで連邦政府への信頼が低下傾向にある。同国の世論調査機関レバダ・センターが13日に発表した最新調査によると、政府を強く信頼する人の割合は26%と、1年前から19ポイント下落。過去5年で最低に沈んだ。

調査は下院選挙後の9月23~26日、全国の18歳以上の1,600人を対象に実施。政府について「やや信頼する」と答えたのは44%、「信頼しない」との回答は26%だった。

下院を強く信頼する人は22%と、こちらも1年前の40%から大きく低下。プーチン大統領の支持率は74%と引き続き高水準だが、昨年からは6ポイント減った。

レバダ・センターは今回の結果について、「2014年3月のクリミア併合前の水準に戻りつつある」と指摘している。

なお9月18日の下院選挙ではプーチン政権を支える与党「統一ロシア」が343議席を獲得。2011年の前回選挙の238議席から大きく躍進し、初の選挙が行われたクリミアでも統一ロシアが全議席を得た。一方、野党は共産党が42議席、自由民主党が39議席を確保。公正ロシアは23議席にとどまり、いずれも前回から大きく減らしている。


関連国・地域: ロシアウクライナ
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ノバテク、ヤマルLNGの第2段階開始へ(07/20)

鉄鋼セベルスタリ、第2四半期は4倍に増益(07/20)

ロシア鉱工業生産、6月は2.2%増加(07/20)

ロシアの失業率、6月は4.7%で横ばい(07/20)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ(07/19)

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

プーチン大統領、トランプ米大統領と会談(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン