• 印刷する

独与党CDU・CSU、支持率が過去最低に

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が、29.5%に低下した。30%を割り込んだのは初めて。大衆紙ビルトが世論調査会社INSAに委託した最新世論調査で、こうした結果が出た。

調査は10月7~10日、2,085人の有権者を対象に行われた。CDU・CSUの支持率は29.5%と、1週間前から0.5ポイント低下。一方、連立相手の社会民主党(SPD)は22%となり、1ポイント上げた。ユーロ圏解体と反難民を訴える3位の「ドイツのための選択肢(AfD)」は15%で前回調査から変化がなかった。これに続く緑の党は11%と、0.5ポイント下げている。

ドイツ公共放送連盟(ARD)が世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行った調査によると、メルケル首相への支持率は、2011年以降で最低の45%に落ち込んでいる。同首相の寛容な難民対策により、国民の不満が高まっていることが背景にある。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

習国家主席がパリで首脳会談 エアバス機など15件の取引締結(03/26)

企業景況感、7カ月ぶりに改善 3月は0.9ポイント上昇=Ifo(03/26)

ウニパー、伊LNGターミナルの権益売却(03/26)

独シーメンス、ガスプロム・エネルゴと合弁(03/26)

EDF、石炭火力発電をバイオマス転換も(03/26)

政府、DB鉄道網刷新に500億ユーロ拠出も(03/26)

ボッシュ、クラウドの逆走警告システム導入(03/26)

英国進出の日本企業、707社5485拠点に(03/26)

欧州委高官、中国投資の拒否権導入を提案(03/26)

アルディなど、批判高まり豪で牛乳値上げ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン