独与党CDU・CSU、支持率が過去最低に

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)の支持率が、29.5%に低下した。30%を割り込んだのは初めて。大衆紙ビルトが世論調査会社INSAに委託した最新世論調査で、こうした結果が出た。

調査は10月7~10日、2,085人の有権者を対象に行われた。CDU・CSUの支持率は29.5%と、1週間前から0.5ポイント低下。一方、連立相手の社会民主党(SPD)は22%となり、1ポイント上げた。ユーロ圏解体と反難民を訴える3位の「ドイツのための選択肢(AfD)」は15%で前回調査から変化がなかった。これに続く緑の党は11%と、0.5ポイント下げている。

ドイツ公共放送連盟(ARD)が世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行った調査によると、メルケル首相への支持率は、2011年以降で最低の45%に落ち込んでいる。同首相の寛容な難民対策により、国民の不満が高まっていることが背景にある。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

トールコレクト、工期遅れ巡り政府と和解(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン