• 印刷する

英国民、政府のブレグジット戦略に懐疑的

欧州連合(EU)からの離脱に向けた英政府の戦略を肯定的に評価する国民はわずか16%――。英紙タイムズがインターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で、こうした事実が明らかになった。

それによると、英国民の50%は政府のこれまでの対応を否定的に評価しており、そのうち「非常に悪い」と答えた人は22%に上る。また、アンケート参加者の67%は英国が実際にEUを離脱すると考えているのに対し、16%は「最終的にEUにとどまる」と予想。「分からない」もやはり16%に上った。

6月の国民投票では離脱賛成派が52%、反対派が48%という結果だったが、今回の調査でも45%対43%と引き続き賛成派が反対派を上回っている。

なお、大手会計事務所KPMGが先に公表した最新の経営者調査によると、英国に拠点を置く大企業の4分の3が、本社または一部事業の国外移転を検討している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱協定案の採決見送り 英下院、修正動議を僅差で可決(10/21)

ボーダフォン、中国社と空飛ぶ車で提携(10/21)

ジョンソン・マッセイ、電池研究拠点を新設(10/21)

印国営航空、スタンステッド直行便を就航へ(10/21)

アラップ、マレーシアで線路の点検契約(10/21)

スコットランド、使い捨てカップに課税へ(10/21)

小売売上高、9月は横ばい(10/18)

英国とEU、離脱条件で合意 英議会の通過が再び焦点に(10/18)

ユニリーバ、第3四半期は2.9%増収(10/18)

書籍販売WHスミス、通期は1%増益(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン