英国民、政府のブレグジット戦略に懐疑的

欧州連合(EU)からの離脱に向けた英政府の戦略を肯定的に評価する国民はわずか16%――。英紙タイムズがインターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で、こうした事実が明らかになった。

それによると、英国民の50%は政府のこれまでの対応を否定的に評価しており、そのうち「非常に悪い」と答えた人は22%に上る。また、アンケート参加者の67%は英国が実際にEUを離脱すると考えているのに対し、16%は「最終的にEUにとどまる」と予想。「分からない」もやはり16%に上った。

6月の国民投票では離脱賛成派が52%、反対派が48%という結果だったが、今回の調査でも45%対43%と引き続き賛成派が反対派を上回っている。

なお、大手会計事務所KPMGが先に公表した最新の経営者調査によると、英国に拠点を置く大企業の4分の3が、本社または一部事業の国外移転を検討している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン