• 印刷する

独の暖房エネルギー消費量、1年間で6%減少

ドイツで建物の暖房使用量が減少している——。断熱工事など、建物の暖房効率向上に向けた取り組みが実を結んでいる格好だ。ドイツ経済研究所(DIW)が28日公表した最新調査で明らかになった。

DIWはエネルギー管理サービスを手掛ける独istaのデータを元に、暖房に使用されたエネルギー消費量をまとめた。それによると、2015年の暖房消費量はドイツ全体で前年から平均6%減少。2003年と比べると、大きく18%減っている。また、省エネへの取り組みは不動産業界が主導する方が効果的で、1,000軒以上の物件を抱える不動産会社の物件の暖房消費量が、断熱工事前と比べて平均36%減少したのに対し、中規模企業の物件では26%、小規模企業の物件や個人宅では平均18%程度にとどまった。

ドイツ政府は5月、温室効果ガス排出量の削減に向けたエネルギー転換戦略の一環で、2020年までに省エネ促進策に170億ユーロを投じると発表した。予算は建物の断熱工事費の補助や、エネルギー効率の改善に向けた研究支援、節電効果のあるスマートメーターの導入などに振り向けられる。

政府は2050年までに一次エネルギー消費量を2008年比で50%削減する目標を掲げている。また、同年までに国内電力生産量の80%を再生可能エネルギー由来で賄うとともに、温室効果ガス排出量を1990年比で80%削減を目指している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフィニオン、新工場開設 半導体不足の中3カ月予定前倒し(09/20)

不動産大手2社、ベルリン市に1.5万棟売却(09/20)

ドイツ、放射性廃棄物の貯蔵施設を閉鎖へ(09/20)

VW排ガス不正問題、元幹部4人の公判開始(09/20)

FB、コロナ対策の陰謀論唱える独団体規制(09/20)

コメルツ銀、投融資で気候中立へ(09/20)

マクドナルド、独全土でポイント制度開始(09/20)

印コタック、VW金融部門のローン事業買収(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

化学BASF、中国・CATLと戦略提携(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン