• 印刷する

ドイツの反難民政党AfD、支持率が過去最高に

ドイツでユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率が過去最高の16%に達している。3週間前の前回調査から2ポイント上昇し、このところ人気が低下しているメルケル首相のキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)と対照的だ。公共放送ARDが世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行った調査で明らかになった。

インフラテスト・ディマップは1997年以降、政党支持の最新動向に関する定期調査を実施している。9月19~21日にかけて行われた今回は、選挙権を持つ934人を対象に「次の日曜日に選挙が行われたらどの政党に投票するか」を尋ねた。

与党・CDU・CSUの支持率は32%と首位に付けたものの、9月1日の前回調査から1ポイント低下。連立相手の社会民主党(SPD)もやはり1ポイント下げ、2位の22%だった。合計では54%と、辛うじて大連立を維持できる状態だ。

一方のAfDは今回、緑の党に4ポイントの差を付け、第3党に位置する。同党は先に行われた2つの州議会選で躍進し、全16州のうち10州で議席を獲得した。大敗を喫したメルケル首相は、その理由が自身の難民政策にあることを認めたものの、受け入れの上限設定には引き続き否定的な考えを示し、受け入れと統合を進めていく方針を確認している。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

気候対策の新機関設立を検討 SPDと緑の党、債権発行も(10/20)

独政府、11月25日に非常事態宣言終了も(10/20)

N26、9億ドル超を調達=独で最高評価額に(10/20)

オペル、排ガス不正で罰金=法的手続き免除(10/20)

デリバリー・ヒーロー、同業ゴリラに出資(10/20)

独3党の連立交渉が本格化へ 緑の党とFDP、党会合で承認(10/19)

CDUラシェット党首、西部州首相を辞任へ(10/19)

水電解槽サンファイア、1億ユーロ超を調達(10/19)

シーメンス、LDA事業の分社化検討(10/19)

商船三井、船舶用主機関の発注で独社と協定(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン