• 印刷する

英国のゼロアワー契約、90万人超に拡大

英国で最低労働時間を保証しない「ゼロアワー」契約で働く人が、第2四半期(4~6月)時点で約90万3,000人に上ったことが、政府統計局(ONS)が8日に発表した最新調査で明らかになった。昨年10~12月の約80万4,000人から大幅に増加している。

ゼロアワー契約は決まった労働時間がなく、仕事があるときだけ働く雇用形態。収入が安定せず、有給休暇や病気休暇も認められない。

第2四半期のゼロアワー契約を本業とする人の数は、前年同期の約74万7,000人から20.9%増加。労働者全体に占める割合は2.9%と、1年前から0.5ポイント上昇している。ただこの統計は申告ベースであるため、ONSはゼロアワー契約という言葉の認知の広がりが急増の一因の可能性もあるとしている。

ゼロアワー契約は商店、ホテル、介護施設などに多く、平均労働時間は週25時間。該当者の31%はこれを延ばしたいと考えている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

重大不正局、LIBOR不正操作の捜査終了(10/22)

資源BHP、チリ銅山で再生可能エネ導入へ(10/22)

ボンマルシェ、管財人の管理下に(10/22)

アストラゼネカ、糖尿病治療薬が米国で承認(10/22)

シェル、エジプトの陸上上流資産を売却へ(10/22)

ワイヤーカード、KPMGに独立調査委託(10/22)

タイ人の英不動産投資、バーツ高で倍増(10/22)

英政府、離脱広告から10月31日の期限を削除(10/22)

スコッチウィスキー10万ポンド相当盗難被害(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン