• 印刷する

コルシカの裁判所、自治体のブルキニ禁止令を支持

仏コルシカ島の行政裁判所は7日、イスラム教徒の女性向け水着「ブルキニ」の着用を禁止する条例の凍結を拒否する決定を下した。他の自治体が禁止条例を凍結する中、一連の動きに逆行する格好だ。AFP通信などが伝えた。

コルシカ島の村シスコ(Sisco)では8月、観光客がブルキニを着た女性の写真を撮ったことを発端に、モロッコ出身の家族と地元住民が衝突する事件が発生。これにより一部の住民が暴徒化し、警察100人以上が動員された経緯がある。コルシカ島の判事は「住民の間での緊張感が緩和されていない」と指摘。シスコでの事件をふまえ、ブルキニの着用は公共の秩序を乱す恐れがあり、地方自治体はこれを回避する義務があるとの結論を下した。

ブルキニをめぐっては、7月にニースで起きたテロをきっかけに、宗教色の強い水着は公共の秩序を乱す恐れがあるとして、南東部プロバンス・アルプ・コートダジュール地域圏のビルヌーブルべ(Villeneuve Loubet)やニース、カンヌなどでも禁止条例が出されていた。ただ、先に仏国務院(行政訴訟の最高裁に相当)がビルヌーブルべの同条例を差し止める判断を下したことで、各自治体は相次いで条例を凍結している。


関連国・地域: フランスアフリカ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、医療従事者の賃上げで合意(07/15)

仏政府、中国航空会社の乗り入れを週1便に(07/15)

フランス革命記念式典、規模縮小で開催(07/15)

クラリアントなど化学3社、カルテルで罰金(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

サフラン、メキシコ北部に新工場を建設へ(07/14)

仏国務院、大気質改善の怠慢で政府に罰金へ(07/14)

アコーホテルズ、MEAで2千人整理(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン