コルシカの裁判所、自治体のブルキニ禁止令を支持

仏コルシカ島の行政裁判所は7日、イスラム教徒の女性向け水着「ブルキニ」の着用を禁止する条例の凍結を拒否する決定を下した。他の自治体が禁止条例を凍結する中、一連の動きに逆行する格好だ。AFP通信などが伝えた。

コルシカ島の村シスコ(Sisco)では8月、観光客がブルキニを着た女性の写真を撮ったことを発端に、モロッコ出身の家族と地元住民が衝突する事件が発生。これにより一部の住民が暴徒化し、警察100人以上が動員された経緯がある。コルシカ島の判事は「住民の間での緊張感が緩和されていない」と指摘。シスコでの事件をふまえ、ブルキニの着用は公共の秩序を乱す恐れがあり、地方自治体はこれを回避する義務があるとの結論を下した。

ブルキニをめぐっては、7月にニースで起きたテロをきっかけに、宗教色の強い水着は公共の秩序を乱す恐れがあるとして、南東部プロバンス・アルプ・コートダジュール地域圏のビルヌーブルべ(Villeneuve Loubet)やニース、カンヌなどでも禁止条例が出されていた。ただ、先に仏国務院(行政訴訟の最高裁に相当)がビルヌーブルべの同条例を差し止める判断を下したことで、各自治体は相次いで条例を凍結している。


関連国・地域: フランスアフリカ中東
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン