• 印刷する

メルケル首相の支持率、過去5年で最低の45%

メルケル首相の支持率が、2011年以降で最低の45%に落ち込んでいる。同首相の寛容な難民対策により、国民の不満が高まっていることが背景にある。ドイツ公共放送連盟(ARD)が世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行った調査で、このような結果が明らかとなった。

インフラテストは選挙権を持つ1,000人を対象に調査を実施。それによると、与党のキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)の支持率は33%と、前月から1ポイント低下した。連立を組む社会民主党(SPD)は1ポイント上昇して23%だった。3位はユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」で、14%の支持を得ている。

SPDのガブリエル副首相兼経済・エネルギー相の支持率は41%。メルケル首相率いるCDUの姉妹政党であるCSUのゼーホーファー党首は44%で、メルケル首相に肉迫している。

来年9月に総選挙を控える中、メルケル首相の続投を望む人は46%と半数に満たなかった。CDU支持者に限ると81%、CSU支持者では71%といずれも高水準を維持しているが、再選できるかは不透明だ。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独アイスマン、ハンガリー工場拡張へ(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

ドイツと中国、金融協力と市場開放で合意(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

豪連邦裁、VWに不正周知の幹部名公表命令(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン