• 印刷する

ローマ市、ごみ処理をオーストリアに要請

ローマ市は、オーストリア政府に引き取って処理してもらうよう要請している。イタリアでは、既にシチリアやナポリも一般ごみ処理をオーストリアに委託している。オーストリア農業環境省の広報官の話として、ザ・ローカルが23日伝えた。

ローマ市は家庭から出る一般ごみの処理が追いつかず、オーストリア農業環境省に年間7万トンのごみの焼却処理を要請した。同省は今後、技術的・法的な妥当性について検討を進めるという。

オーストリアは国外から毎年20万トンのごみを引き受けているが、このうち16万トンはイタリアのごみ。余力があればローマのごみを処理するために、イタリア北部とオーストリアのチロル州を経由して列車で運ぶ予定だ。このほかにローマから5万トンをオーストリア経由でドイツに運ぶ計画もある。

ローマ市長に6月に就任したビルジニア・ラッジ氏は、選挙運動中にごみ問題の解決も掲げていた。同市長は対応策として、ごみ収集とリサイクルの徹底、不法投棄やポイ捨てに対する取り締まり強化などを挙げている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツイタリアオーストリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バンコBPM、78億ユーロの不良債権を売却(12/12)

金融アルファバンク、身売りを検討か(12/12)

フェレロ、米キャンベルの国際事業に関心(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

テレコムイタリア、株主が取締役の解任要求(12/12)

エニ、インドネのガス田で2021年から生産へ(12/12)

アップルペイ、ドイツで運用開始(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

イタリア鉱工業生産、10月は0.1%増加(12/11)

BMW、自動運転開発部門の新トップを指名(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン