• 印刷する

中東欧から英国への移民労働者、100万人突破

英政府統計局(ONS)は、2004年に欧州連合(EU)に加盟した中東欧8カ国出身の移民労働者が初めて100万人を超えたと明らかにした。EU全体からの労働者が223万人で、半分に迫る勢いとなっている。

ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニアの8カ国からの移民労働者は10年前には25万人程度で、以後4倍近くに増えた格好だ。今年4~6月には前年同期に比べ4万4,000人増えている。

また、ブルガリア人とルーマニア人は合わせて26万6,000人と、1年前から約8万7,000人増加。独立系シンクタンクのマイグレーション・ウォッチは、「こうした大量の移民が地域社会に及ぼす影響が、先の国民投票の結果をもたらした大きな原因」とコメントしている。

なおONSが18日発表した統計によると、英国で2015年に活用された人的資本の価値は19兆2,300億ポンドと前年比4.8%増加している。[労務]


関連国・地域: 英国ポーランドチェコスロバキアハンガリースロベニアルーマニアブルガリアエストニアラトビアリトアニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

英下院、内閣不信任案を否決 メイ首相は他党に協議呼び掛け(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

イネオス、アントワープで30億ユーロ投資(01/17)

インフレ率、12月は2.1%に減速(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

パブ運営グリーン・キング、新CEOを指名(01/17)

生産者物価、12月は2.5%上昇(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

消費財レキット、カプールCEOが退任へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン