• 印刷する

イワノフ大統領府長官が辞任=プーチン氏側近

ロシア大統領府は12日、セルゲイ・イワノフ大統領府長官が辞任したと発表した。後任にはアントン・ワイノ副長官が就き、イワノフ氏は運輸・環境問題の大統領特別代表となる。同氏は長年、プーチン大統領の側近として活躍してきただけに、突然の退任劇に驚きの声が上がっている。

イワノフ氏はプーチン大統領と同じ旧ソ連国家保安委員会(KGB)出身で、同大統領がKGBの後身である連邦保安庁(FSB)長官だった際には次官を勤めた。その後、同大統領が政権を握ると同時に防衛大臣や副首相など要職を歴任。大統領が最も信頼する人物の1人として知られ、一時は後継者とも目されていた。2011年12月から現職。

辞任の理由は明らかにされていないが、プーチン大統領は、イワノフ氏の退任は本人の意思によるものと説明。同氏はかねて、4年をめどに長官職を降りたいと申し出ていたという。ただ、今回の人事は事実上の降格となることから、イワノフ氏が解任されたとの臆測もある。

なお、後任のワイノ氏は外務省出身で、在日ロシア大使館に勤めた経験を持つ。2012年5月から大統領府副長官を務めている。


関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、ルクオイルの製油所の国有化検討(11/30)

露政府、仏ルノー金融子会社の売却を承認(11/30)

露、カザフ・ウズベクと「ガス連合」検討(11/30)

電動キックボードの露ウーシュ、IPO検討(11/29)

アズール・エア、タイ路線の運航開始(11/29)

メルケル前首相「対露の影響力失っていた」(11/28)

アルメニアで露主導の軍事同盟が首脳会議(11/25)

日産、露事業の売却完了(11/25)

オランダ通信ベオン、露事業を経営陣に売却(11/25)

欧州議会、露を「テロ支援国家」に認定(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン