• 印刷する

EU離脱派と残留派、ブランドの好みにも差

6月の国民投票では欧州連合(EU)との関係について争った離脱派と残留派だが、好みのブランドも大きく異なる——。インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)の調査を元に、英広告会社RKCR/Y&Rがこのように分析している。

調査は、約10万8,000人が対象。約1,200ブランドから選ばれたトップテンを公表した。

それによると、離脱派が最も好きなのは英食品大手HPフーズのブラウンソース「HPソース」。他にも売り上げを保健関連の寄付に充てる宝くじの「ヘルス・ロッタリー」や、英乳業大手デアリー・クレストの人気チーズ「カシードラル・シティー(Cathedral City)」など、上位10位は全て英国の身近なブランドが並んだ。

一方、残留派の間では公共放送BBCの電子版が首位。米写真共有サービスのインスタグラムや、デジタル音楽配信事業を展開するスポッティファイ(Spotify、スウェーデン)などがランクインしたほか、米ソーシャルメディアの人気の高さも伺える。

RKCR/Y&Rのエミリー・ジェームズ最高戦略責任者(CSO)は「国民投票の結果は政治観や信条よりも、考え方が反映された」とコメント。今回の調査結果は年齢層や収入など複雑な要因が絡み合っているが、例えば18~34歳に限定しても似たようなブランドが並んだと指摘。離脱派の特徴としては「伝統的」「率直」「地に足が着いている」などが挙げられ、残留派は「先進的」「新しいもの好き」「知性的」な傾向が強いとしている。


関連国・地域: 英国EUスウェーデン米国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

タタ、英南西部に電池工場 26年から稼働=EV向け(02/29)

アストンマーティン、EV発売を26年に延期(02/29)

ポスト・オフィス、現CEOを社内調査(02/29)

日本、英国産チーズなど37品目保護へ(02/29)

発電能力の拡大遅延、エネ安保危機も(02/29)

M&S、4月に10%超賃上げ=4万人対象(02/29)

地方自治体、資産売却が加速=財政危機(02/29)

カリーズ、エリオットの買収提案を再び拒否(02/29)

テムズ・ウオーター、政府救済回避に躍起(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン