• 印刷する

ドイツ人の8割、トルコのEU加盟に反対

ドイツ国民の80%がトルコの欧州連合(EU)加盟に反対している。西ドイツ放送(WDR)が世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託した最新調査で、このような事実が明らかになった。加盟支持は15%で、調査開始以来で最低の水準に落ち込んでいる。

それによると、トルコの加盟反対は4月時点の68%から急上昇した。背景には、7月15日に起きた軍部によるクーデター未遂へのトルコ政府の強硬な対応があるとみられている。事件後の逮捕者は約6,000人に上ったほか、司法関係者や教育関係者を解任したり、メディアへの圧力を強めたりしている。こうした動きについて、ドイツ人の9割が「理解できない」と答えた。

また、トルコ国民の域内へのビザなし渡航については、移民の送還に関する合意を白紙撤回することになっても取りやめるべきとの回答が69%に上った。欧州連合(EU)とトルコは3月、トルコ経由でギリシャに密航した移民・難民を国籍にかかわらず送還する見返りとして、トルコ国民にビザなし渡航を許可することで合意している。

なお、トルコのEU加盟をめぐっては、オーストリアが同国との加盟交渉を打ち切るよう提案する意向を示している。

■トルコからの移民申請が増加

ドイツへの上半期(1〜6月)のトルコからの移民申請件数は1,719人となり、半年間で既に昨年通年の1,767件に近づいている。連邦移民・難民庁(BAMF)のデータを元に、独紙ターゲスシュピーゲルが伝えた。

申請のうち1,510件はクルド系住民によるもの。ただクルド人の難民認定率は5.2%と、トルコ人全体の平均6.7%より低い。また、7月のクーデター未遂が申請数に及ぼす影響は未知数という。


関連国・地域: ドイツEUオーストリアギリシャトルコ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

コンチネンタル、自動運転車の公道テストへ(11/19)

ルフトハンザ、ケータリング事業の売却検討(11/19)

メルセデス、インドネで販売台数が2桁増(11/19)

国民の過半数「メルケル首相は任期満了を」(11/19)

バイエルン州、警察官の入れ墨の露出を禁止(11/19)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン