独企業で給与最高はR・ベルガーとシーメンス

ドイツ企業で給与が最も高いのは経営コンサルティング大手ローランド・ベルガーと総合電機シーメンス――。米キャリア情報サイトのグラスドアが発表した調査で明らかになった。

それによると、基本給にボーナスや手当などを含めた平均給与は2社ともに年間8万720ユーロ。次いで、化学BASF(7万6,684ユーロ)、自動車部品ロバート・ボッシュ(7万5,675ユーロ)だった。製薬・化学バイエルと自動車ダイムラー、独金融最大手ドイツ銀行、2位のコメルツ銀行はいずれも7万630ユーロで、タイヤ・自動車部品コンチネンタル(6万5,585ユーロ)、企業向けソフトSAP(6万5,000ユーロ)が続いた。

グラスドアが実施した別の調査では、ドイツの会社員の4割は同僚の給与を知らないことが明らかになっている。また6割は、企業に対し給与面での透明性を求めているほか、72%は自身の給与に関して話すことに消極的な見方を示した。一方で、45%は匿名性が確保されるのであれば給与額などを公表してもいいと回答している。[労務]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信医療・薬品化学・石化製造一般金融・保険商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン