独企業で給与最高はR・ベルガーとシーメンス

ドイツ企業で給与が最も高いのは経営コンサルティング大手ローランド・ベルガーと総合電機シーメンス――。米キャリア情報サイトのグラスドアが発表した調査で明らかになった。

それによると、基本給にボーナスや手当などを含めた平均給与は2社ともに年間8万720ユーロ。次いで、化学BASF(7万6,684ユーロ)、自動車部品ロバート・ボッシュ(7万5,675ユーロ)だった。製薬・化学バイエルと自動車ダイムラー、独金融最大手ドイツ銀行、2位のコメルツ銀行はいずれも7万630ユーロで、タイヤ・自動車部品コンチネンタル(6万5,585ユーロ)、企業向けソフトSAP(6万5,000ユーロ)が続いた。

グラスドアが実施した別の調査では、ドイツの会社員の4割は同僚の給与を知らないことが明らかになっている。また6割は、企業に対し給与面での透明性を求めているほか、72%は自身の給与に関して話すことに消極的な見方を示した。一方で、45%は匿名性が確保されるのであれば給与額などを公表してもいいと回答している。[労務]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信医療・薬品化学・石化製造一般金融・保険商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独コンチ、デブレツェンに電子部品工場建設(02/23)

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

ドイツテレコム、3.8%増益 米国の税制改革が追い風に(02/23)

チェコの自動車生産、1月は0.2%減少(02/23)

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

Ifo企業景況感、2月は悪化(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

シュコダ、印で値上げ=関税引き上げで(02/23)

ダイムラー、大型EVトラックを試験運用(02/23)

化学ヘンケル、通期は23%増益(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン