• 印刷する

英政府機関、ヘイトクライムへの対応調査へ

政府の警察監査機関HMICは、イングランドとウェールズにおけるヘイトクライム(憎悪犯罪)への警察の対応について、実態調査を進める方針だ。欧州連合(EU)離脱を決めた6月の国民投票後、こうした犯罪が急増していることを踏まえた措置。内務省が26日、明らかにした。

イングランド、ウェールズ、北アイルランドでは国民投票の1週間前から3週間後までの間に、警察に通報があった事例だけでも6,193件のヘイトクライムが発生。7月前半の2週間の発生件数は3,001件と、1年前から20%増加した。国民投票の結果が発表された翌日の6月25日には最多の289件を記録している。

こうした事態を受け、アンバー・ラッド内相はヘイトクライムに対する行動計画を策定。学校における反イスラム、反ユダヤ、反同性愛感情などの実態把握や、インターネット、公共輸送機関などでのヘイトクライム対策に乗り出すとともに、礼拝施設警備に240万ポンドを支出する方針だ。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アの通関簡素化案公表 EU、欧州司法裁の管轄権触れず(10/15)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

英港湾の混雑問題、クリスマス商戦に影響か(10/15)

英国の迅速検査、当初予想よりも精度高く(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

英の「最果てパブ」、住民が購入金集め達成(10/15)

EU、通関検査の大半撤廃も 英領北アに関する離脱協定見直し(10/14)

バークレイズ、グラスゴーに新キャンパス(10/14)

鉱工業生産、8月は0.8%増加(10/14)

貿易収支、8月は赤字がわずかに拡大(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン