ドイツの移民流入数、昨年は213.7万人

ドイツ連邦統計庁は、2015年の移民流入数が213万7,000人となり、前年比46%増加したと発表した難民の大量流入が押し上げ、流入数から流出数を引いた純移民は113万9,000人と史上最高を記録した。

流入した移民のうち、外国籍は50%増の201万6,000人。帰化や国外から帰還したドイツ人は12万1,000人とほぼ横ばいだった。一方、ドイツから国外に流出した人は99万8,000人と9%増加。うち外国人が85万9,000人、ドイツ人が13万8,000人だった。

移民を出身地別に見ると、欧州連合(EU)出身者が全体の45%を占めた。これにアジア(30%)、EU以外の欧州(13%)、アフリカ(5%)が続く。ただ、純増分の割合はアジア出身者が47%と欧州(27%)を大きく超えており、特にシリアやアフガニスタン、イラク、パキスタンからの流入が著しく増えた。


関連国・地域: ドイツEUアジアアフリカ中東欧州
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン