• 印刷する

メルケル独首相の報酬引き上げ

ドイツ政府は13日、今年と来年の閣僚の報酬を引き上げることを決定した。これによりメルケル首相の報酬は月額1万8,820ユーロとなり、オランド仏大統領の1万4,917ユーロを大きく上回ることになる。AFP通信が伝えた。

閣僚の報酬は今年3月1日にさかのぼって2.2%引き上げられる。さらに2017年2月1日付で2.35%上乗せされる。

ドイツではここ10年で賃金改革が進み、労働者の賃金は上昇を続けている。公共部門では先に2.4%の賃上げが決定しており、メルケル内閣の今年の伸び率はこれをやや下回る。

ドイツ連邦統計庁が発表した賃金統計によると、2016年第1四半期(1~3月)の実質平均賃金は前年同期比2.6%上昇。昨年の第2四半期以降で最大の伸びを示している。この間のインフレ率は0.2%だった。[労務]


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

メルケル首相、EU要職への就任を否定(05/20)

SBVF、体験旅行の独新興企業に出資(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

デリバリー・ヒーロー、バイオ包装材に投資(05/20)

デカトロン、豪でスキー用品の販売拡大へ(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

独仏蘭、中国・華為技術の5G入札を容認(05/20)

富士フイルム、独内視鏡処置具メーカー買収(05/20)

日立オート、アウディがインバーター採用(05/20)

ユーロ圏インフレ率、4月は1.7%=改定値(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン