【番外編】エボラ出血熱、欧州にも上陸

今年は西アフリカを中心にエボラ出血熱が猛威を振るった。人道支援に当たった医療従事者らが帰国後に発症する形で、ウイルスは欧米にも飛び火。英仏政府が主要空港でのスクリーニング検査を実施するなど、各国が水際での食い止めに躍起となった。 世界保健機関(WHO)によると…

関連国・地域: 英国フランスEUベルギースイスアジアアフリカ
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独主導でグリーンな復興目指すEU <連載コラム・環境フォーカス>第46回(08/07)

独仏スペインで新規感染最多 コロナ、中東欧でも再拡大の兆し(08/07)

EU、中国製耐食鋼への不当廉売措置を拡大(08/07)

【月次リポート】欧州(7月)(08/06)

シンラブ、PCR検査対応能力を1.5倍に(08/06)

新型コロナ、欧州各国で感染再拡大の兆し(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン