• 印刷する

企業景況感、1月は改善

主要経済研究所のIfoが24日発表した1月の企業景況感指数(2000年=100、季節調整済み)は103.4ポイントとなり、前月の103ポイントから上昇した。102.3ポイントまで落ち込むとの市場予想を覆し、強い内容となっている。

Ifоは毎月、国内の約7,000社を対象にアンケートを実施。現在の景気に対する見方を示す「現況指数」と半年後の見通しの「期待指数」を元に景況感指数をはじき出す。これはドイツの景気を占ううえで重要な指標とされている。

1月は現況指数が1カ月前の108.1ポイントから107.9ポイントに後退したものの、期待指数が99ポイントへと0.8ポイント上昇し全体を押し上げた。4つの業種別では製造業と建設の景況感が改善。卸売りは変化がなく、小売りは悪化した。

Ifoのハンスウェルナー・ジン所長は「全体として国内経済は引き続き底堅い」と結論付けた。今回の結果を受け、市場では独経済が金融市場の不安定化や米国の景気減速といった逆風を乗り切れるとの見方が強まっている。

なおグロス経済技術相は23日、2008年の国内総生産(GDP)成長率の政府見通しを従来の2%から1.7%に引き下げた。2007年には2.5%に達していた。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: その他製造金融建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、国内で2900人整理へ(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

ソロス氏の人権財団、ハンガリーを提訴(09/26)

投資会社プライムパルス、年内に上場へ(09/26)

独連立与党、情報機関トップの処遇で合意(09/26)

仏政府、難民救助船の受け入れ拒否(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン