キマンダ、DRAMの新技術開発

メモリー大手のキマンダは25日、DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)の性能を飛躍的に伸ばす新技術を開発したと発表した。技術転換に伴うコストは2009年9月期以降の2年間で1億ユーロほどにとどまる見込み。 新たな「埋め込み型ワード線」技術は高性能で…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

成長率見通しを下方修正 Ifo、世界経済リスクなど受け(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

仏アグリコル、競合のポーランド事業に関心(06/20)

【欧州企業よもやま話】第254回・リリウム クリーンな未来への「空の旅」提供(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

ダイムラー、開発施設に5千万ユーロ投資(06/20)

インフィニオン、ブダペスト近郊に新施設(06/20)

バッテリーのアカソル、IPOの仮条件設定(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

BMW、上海のR&Dセンターが開業(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン