踊り場の欧州通貨統合:第1回

国民投票実施の持つ意味 2006年11月、ポーランド政府はユーロ加盟の是非を問う国民投票を2010年に実施する意向を示した。3年以上先の、しかも成否の予想が皆目つかない国民投票実施の報は当然のように金融市場からは無視されたが、欧州の通貨統合という発展途上のプロジェクトにと…

関連国・地域: 英国EUスウェーデンデンマークポーランド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、500億ユーロの企業支援策へ(07/06)

【今週の主な予定】7月6~10日(07/06)

6月は48.5に大きく回復 ユーロ圏総合PMI確定値(07/06)

欧州委、レムデシビルを条件付き承認(07/06)

ドイツ、香港の自治権侵害を危惧(07/06)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

越とのFTA、8月1日に発効=欧州委(07/06)

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン