踊り場の欧州通貨統合:第1回

国民投票実施の持つ意味 2006年11月、ポーランド政府はユーロ加盟の是非を問う国民投票を2010年に実施する意向を示した。3年以上先の、しかも成否の予想が皆目つかない国民投票実施の報は当然のように金融市場からは無視されたが、欧州の通貨統合という発展途上のプロジェクトにと…

関連国・地域: 英国EUスウェーデンデンマークポーランド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州委員長に初の女性就任へ 議会がフォンデアライエン氏承認(07/17)

トルコ、キプロス沖で油ガス掘削を継続(07/17)

【欧州企業よもやま話】第284回:コンチネンタル タイヤからロボタクシーまで(07/17)

ユーロ圏貿易収支、5月は黒字拡大(07/17)

ナイジェリア、欧州社と原油の交換契約へ(07/17)

豪貿易相、EUへのサービス輸出拡大に意欲(07/17)

ユーロポール、アルバニアに連絡事務所(07/16)

次期欧州委員長決める投票へ 欧州議会、独国防相の承認を採決(07/16)

財務相「合意なき離脱なら英は主導権失う」(07/16)

ハンガリーのPVCメーカー、工場拡張(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン