踊り場の欧州通貨統合:第7回

EU新規加盟国に見る人間の消費本能(下) 2004年以降に欧州連合(EU)加盟を果たした新規加盟国で、賃金上昇率と消費者物価上昇率の間の乖離(かいり)が広がっている。その要因としては(1)企業の価格決定力の抑制(2)ユニット・レイバー・コストの安定が挙げられてきたが、そ…

関連国・地域: EUルーマニアアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ通信局、5G周波数帯の入札開始(08/11)

不法移民の阻止に海軍投入へ 英仏海峡経由の流入急増受け(08/11)

【エミッションの世界】バイオ燃料の排出の実態と課題(08/11)

EU、入国許可リストからモロッコを除外(08/11)

独仏、WHO改革協議から撤退=米と対立で(08/11)

欧州委、未婚パートナーの入国許可を要請(08/11)

エネルX、ソジェン子会社とEVレンタル(08/11)

ベトナム、EUとのFTAで知財権が課題か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン