踊り場の欧州通貨統合:第7回

EU新規加盟国に見る人間の消費本能(下) 2004年以降に欧州連合(EU)加盟を果たした新規加盟国で、賃金上昇率と消費者物価上昇率の間の乖離(かいり)が広がっている。その要因としては(1)企業の価格決定力の抑制(2)ユニット・レイバー・コストの安定が挙げられてきたが、そ…

関連国・地域: EUルーマニアアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

蘭政府、クリーン水素戦略を発表(04/03)

在欧日系企業の新型コロナ対応 出張全面禁止、9割が在宅勤務(04/03)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2・3月 NIGEL’S INSIGHT(04/03)

EU、加盟国の時短補助支援に1千億ユーロ(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

EU13カ国、ハンガリー非常事態法を懸念(04/03)

ユーロ圏生産者物価、2月は1.3%低下(04/03)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2月の動き(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン